「白湯」で腸内環境を改善!浄水型サーバーで簡単利用

急須と湯呑水について
この記事は約4分で読めます。

世の中にはいろいろな健康方法が出回っていますが、簡単にできる「白湯」についてご紹介します。

白湯は毎日飲むだけで体質改善にも貢献できる健康法です。浄水型ウォーターサーバーなら簡単に利用できます。その効果や作り方など説明していますのでご覧ください。

白湯の効果

白いカップに入った白湯

白湯と書いて「さゆ・しらゆ」と読み、毎日適量を飲むだけで健康に良い影響をあたえると言われています。

その効果について説明します。

便秘の解消

起床してすぐ、何も食べていない時にカップ1杯の白湯を飲むことで腸内が温められます。

腸が温められると活発に働くようになり、代謝が上がり便通が良くなります。

冷え性の改善

胃腸を含め内臓が温められ、血行が良くなります。血行が良くなると冷え性の改善にも期待が持てます。

ダイエット

腸内が温められることにより基礎代謝量が高まり、痩せやすい体質になります。

この効果については、良くテレビ番組とかでも取り上げられているので、見たり聞いたりしたことがある人も多いのではないでしょうか。

運動を始める前に、白湯を飲んでおくこともおすすめです。

美肌効果

白湯を飲むと腸の働きがよくなり、血管や血液が温められるので血流がよくなります。

血流がよくなると、老廃物が体外に排出されやすくなり、美肌効果にも期待できます。

白湯を簡単に利用する方法

結論を言えば浄水型ウォーターサーバーを利用することで不純物を除去し、白湯を利用することが可能です。

浄水型ウォーターサーバーにはフィルターが内蔵されています。このフィルターで水道水に含まれている不純物を取り除くことができますし、サーバーの機能で温水もすぐに使えます。

「白湯を飲んでいたけど、お湯を沸かすのが面倒でやめた!」という人に浄水サーバーは最適です。

サーバーから出る温水は80~90℃くらいなので、少し冷ませばすぐ飲めて便利です。

白湯の作り方

浄水型ウォーターサーバーを使わない作り方を説明します。作り方は簡単で、水道水をやかんや鍋などで10分~15分沸騰させるだけです。飲める温度まで冷ましたものを飲みます。

冷ましすぎると、白湯の効果がなくなるのでご注意ください。

何故沸騰させるのかというと、水に含まれている不純物などを殺菌するためです。殺菌されたキレイなお湯を飲むことで腸内が温められ効果が得られます。

ただ、沸騰させると殺菌もできるかわりに、水に含まれているミネラルなどの栄養素も飛ばしてしまいます。その面から見ても浄水型ウォーターサーバーを使った「白湯」はメリットがあるのでおすすめです。

飲み方について

飲むタイミングは起床後、就寝前が適切とされています。適切な量はそれぞれ200mlくらいです。

たくさん飲んだからといって、効果が上がるわけではありません。

また飲む際は10分くらい時間をかけて、ゆっくり飲むことがコツです。一気飲みは効果が薄くなりますし、お腹がゆるい人だと下す場合もあります。

毎日続けていくことで体質改善に期待できます。

まとめ

白湯に関しては、テレビ番組やネットでもその効果が伝えられています。

毎日続けることで体質改善にもつながりますし、お手軽な健康法です。

ただ「お湯を沸かすのが面倒!」という人は、白湯を簡単に利用できる、浄水型ウォーターサーバーの利用をおすすめします。

水に含まれている不純物を取り除くことができますし、お湯を沸かす手間もかかりません。

料金は定額制が多く、月額3,000円台で利用できるプランがほとんどです。コンビニで500mlの水を購入すると100円くらいするので、毎日買っているなら浄水サーバーを使った方がお得です。

注意点として、白湯を飲んだからといって必ず「便秘が治る!」「基礎代謝が上がる!」という訳ではありませんのでご了承ください。

ただ、便秘でお悩みの人は1度、試して見る価値はありますよ。私自身、便秘が解消できましたのでおすすめします。

体質改善に期待できる白湯を、浄水型ウォーターサーバーの利用で始めてみませんか。

浄水型サーバーはこちらのページ「おすすめのサーバー6選」で解説していますのでご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました