大容量スノーアルプスの浄水サーバー、フィルター性能を説明

スノーアルプスの浄水フィルター浄水型ウォーターサーバー

浄水型スノーアルプスは、水をたっぷり使えて月額料金が3,280円(税込)のウォーターサーバーです。

サーバー上部にある貯水タンクに水を注ぐだけで、浄水された美味しい水が飲めます。

げんぞう

スノーアルプスの浄水サーバーを解説していますのでご覧ください。

サービスの基本情報はこちらのページ「お得な料金で使いやすい!浄水型のスノーアルプスを解説」で紹介しています。

スノーアルプス 浄水型サーバーの特徴

見た目もおしゃれな浄水型ウォーターサーバーで、グッドデザイン賞も受賞しています。

またボタンで操作できるタイプなので、初めてウォーターサーバーを利用される方にも操作しやすいタイプとなります。

【主な機能】

・冷水 温水 常温水
・チャイルドロック
・ワンタッチボタン
・UV殺菌
・エコモード
・大容量タンク

浄水型サーバーでも「注水型」と「水道管直結型」のタイプがありますが、スノーアルプスは注水型です。

特徴を説明します。

常温水が使える

浄水型スノーアルプスは冷水・温水に加えて常温水が使えます。

「冷たい水が苦手!」という方には適した機能です。薬を服用する時にも役立ちます。

チャイルドロック

温水の出水を制限できる、チャイルドロックも搭載しています。お子さんが誤って操作し、火傷する可能性もあるので必要な機能です。

また、いたずらや事故防止にも役立ちます。

ワンタッチボタン

操作パネルはウォーターサーバーの高い位置に配置してあるので使用しやすくなっています。

ボタンで操作できるので扱いやすく簡単です。

UV殺菌機能

サーバー内部に殺菌効果のある、UV-LEDが搭載されています。

浄水された水は、塩素が抜けて菌が繁殖しやすい状態でもあるのでUV殺菌機能は必要です。

この機能で安心安全な美味しい水を利用することができます。

エコモード

スノーアルプスのウォーターサーバーは、電気代を考えてエコモード機能があります。

エコモードに切り替えれば、電気代が1ヶ月約451円~と節約可能です。

「ウォーターサーバーを使いたいけど、電気代が気になる!」という方にもおすすめできます。

大容量タンク

浄水の貯水タンクは最大で約7Lも注水できます。他社サーバーは4Lくらいの容量がほとんどなので、注水頻度の手間が少なくて済みます。

サーバー上部に搭載されていて、取り外すことも可能です。

上フタも外せるので洗浄などのメンテナンスも行いやすい構造もメリットと言えます。

サーバーのスペック解説

スノーアルプス

引用元:スノーアルプス

サーバーの基本情報を表示しています。

タイプ浄水型
カラーブラック
水温・湯温水温 約6~10℃ 温水 約80~90℃
フィルターの種類ブロックカーボンフィルター2本・ウルトラフィルター1本
冷水容量約3,3L
温水容量約1,6L
サイズ高さ117.5cm×横27.2×縦32.7cm
重量約18㎏
1ヶ月の電気代約451円~*スノーアルプス調べ

冷水・温水に加えて常温水も利用できます。サーバーの電気代はエコモード使用時の数値です。

継続して3年間を過ぎれば、事務手数料送料諸費用2,200円(税込)でサーバーの交換が可能です。

3本の浄水フィルターが内蔵されていて、水道水に含まれている不純物を取り除くことができます。

浄水フィルターにつきましては下記をご覧ください。

スノーアルプス 浄水フィルター性能

スノーアルプスの浄水フィルター

引用:スノーアルプス

3段階式の浄水フィルターで水道水に含まれる不純物を除去します。

総ろ過水量は5,000リットルもあるので、1ヶ月に換算すると400リットル以上も利用が可能です。

1年に1回浄水フィルターは無料提供され、月額料金は3,280円(税込)。契約初回時に出荷手数料として別途2,200円がかかります。

5人家族で1日一人2リットル利用しても10リットルなので、料理にも遠慮なく使えることができます。

ブロックカーボンフィルター

カーボンフィルターは活性炭フィルターとも呼ばれ、臭気成分やトリハロメタンなどの有機物を除去する効果があります。

活性炭には微細な穴が無数に開いているので表面積が大きく、微粒子の吸着力が強いので多くの浄水器・浄水サーバーに使用されています。

水道水に含まれている不純物や臭いなどを除去して、美味しい水を生成。

スノーアルプスは、このブロックカーボンフィルターを2本も搭載しているので飲みやすい水を生成することが可能です。

スノーアルプスに内蔵されているカーボンフィルターは、通常の活性炭フィルターよりも寿命が長く、交換する頻度が少なく済みます。(年に1回)

ウルトラフィルター

ウルトラフィルターはUFは限外ろ過膜(ultrafiltration membrane)の略称です。

水道水に含まれる不純物をろ過する役目があり、様々な浄水器や浄水型ウォーターサーバーに使用されています。

ブロックカーボンフィルターと合わせて以下の物質を取り除くことができるので、安心安全な水を生成することが可能です。

【除去可能物質】

・臭気
・色度
・濁度
・総トリハロメタン
・ブロモジクロロメタン
・ジクロロメタン
・テトラクロロエチレン
・クロロホルム
・ジブロモクロロメタン
・ブロモホルム
・ホルムアルデビド

水道水には殺菌のために塩素が使用されていますが、採取されている地域で使われる塩素の量が変わります。

この塩素が残っていると臭気なり、水道水が美味しくない原因にもなります。

スノーアルプスの浄水フィルターは、残留塩素の除去率が97%もあるので、臭いのしない美味しい水を生成することが可能です。

スノーアルプス サーバーまとめ

浄水型スノーアルプスのサーバーについて解説しました。

電気代もエコモード使用時は451円~/月と他社サーバーと比較しても抑えられます。

月額3,280円(税込)、初回のみ出荷手数料として2,200円(税込)で水をたくさん利用できておすすめです。

天然水サーバーよりも安く、水をたっぷり使えるのでウォーターサーバーの導入をお考えなら浄水型スノーアルプスを検討してみてはいかがでしょうか。

省エネ機能付きで高性能!

スノーアルプスの公式サイトはこちら!

タイトルとURLをコピーしました