浄水型サーバーに内蔵されているフィルターについて解説!

ハミングウォーター2本のフィルター浄水型ウォーターサーバー
引用元:ハミングウォーター

最近は天然水よりも環境に優しい浄水型ウォーターサーバーの需要が増えています。

YouTubeやネットの広告で見かけることがかなり多いですよね。

その浄水型サーバーには水道水を飲みやすくするフィルターが内蔵されています。

げんぞう

ROフィルター・UFフィルター・カーボンフィルターについて機能を解説していますので、浄水型サーバーをご検討の方はご覧ください

ROフィルター

ROフィルターは海水を真水に変えることができる高性能なフィルターです。

ROは逆浸透膜(reverse osmosis membrane)の略称で、水に含まれているウイルスも取り除くことが可能です。

機能としては、不純物の除去率が約99%もあり、医療現場でも使用されている安心安全な水を生成することができます。

ただし、水に含まれているミネラルも取り除いてしまう面もあります。

当サイトでご紹介していますROフィルターが利用できるウォーターサーバーは、以下のサービスがあります。

オーシャンと楽水ウォーターサーバーは契約時にROフィルターかUFフィルターを選びことが可能です。楽水ウォーターサーバーでは別料金になります。

UFフィルター搭載のウォーターサーバーと比較すると、ROフィルター付きのサーバーはレンタル料は高めです。

UFフィルター

UFフィルターは水道水に含まれている不純物を取り除くことができるフィルターです。

UFは限外ろ過膜(ultrafiltration membrane)の略称で、様々な浄水器や浄水型ウォーターサーバーに使用されています。

機能として浄水能力はROフィルターより劣りますが、水に含まれているミネラル成分は残すことができるメリットがあります。

不純物の除去率は約80%です。

当サイトでご紹介していますUFフィルターが利用できるウォーターサーバーは、以下のサービスがあります。

ROフィルターよりもサーバーのレンタル料は安価、月額料金は4,000円以内できるプランがほとんどです。

カーボンフィルター


カーボンフィルターは活性炭で作られていて、主な機能としては臭い成分などの物質を吸着する役目があります。

水道水の殺菌に使用されている塩素を取り除くことができますし、塩素はカルキ臭の元になるので臭いが取れるだけでも水道水が飲みやすくなります。

カーボンフィルターは、ROフィルターかUFフィルターのどちらかとセットで使用されていることが多いです。

家庭用品品質表示法で定められた除去対象物質に関しては、こちらのページ「浄水器、浄水型ウォーターサーバーの除去対象物質について説明!」で解説していますのでご覧ください。

エブリィフレシャスバナー

まとめ

ロッカ バナー

浄水型ウォーターサーバーに使用されている3タイプのフィルターについて簡単に解説しました。

内蔵されているフィルター数はサーバーによって変わります。

浄水フィルターは、厚生労働省の省令によって定められた基準を満たさなければ提供できません。

浄水型サーバーをご検討の方は、フィルターの性能にも注目してみませんか。サービスを選ぶ基準にもなると思います。

こちらのページ「ウォーターサーバーなら「浄水型」がお得!おすすめサーバー6選」で解説していますのでご覧ください。

著者情報
げんぞう

体調が気になる40代

健康診断で尿酸が基準値を超えたことにより、水を飲むことの大切さを実感。

以後、水に関連する様々な情報を調査しています。

水道水を飲みやすくする浄水器やウォーターサーバーを紹介していきますのでご覧ください。

げんぞうをフォローする
タイトルとURLをコピーしました